Kurogane No Michi
トップページ > 国鉄形蒸気機関車 < 前へ B20 C10 C11 C12 E10 8620 C50 C51 C53 C54 C55 C56 C57 C58 C59 C60 C61 C62 9600 D50 D51A D51B D52 D60 D61 D62 次へ >

C57形蒸気機関車

C57形蒸気機関車(28KB)
C57110 昭和47(1972)年8月 伊勢市駅
C55形の増備用改良形として製造された亜幹線用の旅客用機関車で、昭和12年(1937年)から昭和21年(1946年)に、川崎、汽車製造、三菱、日立で201両が製造されました.この形式より動輪が箱形輪心となった.戦争中の昭和17年(1942年)からは貨物用機関車の増備のため製造を中止していたが、戦後再開しました.とくに最後の4次形は外見寸法とも異なりC61形に近い外見をしています.同形機は台湾でもCT270形として使用され、特に昭和28年(1953年)にアメリカの援助で台湾に輸出した一次形8両は最後に製造された国鉄形蒸気機関車となりました.国内では、昭和50年(1975年)まで使用され、国鉄現役最後の蒸気機関車による客車列車を牽引しました.現在梅小路蒸気機関車館の動態保存機C571が山口線を中心として運転されているほか、JR東日本でもC57180が磐越西線で運行中です.そのほか34両が静態保存されています.

C57形諸元
軸配置 4-6-2 付熱全面積(m2) 168.80
機関車運転重量(t) 67.50 ボイラー水容量(m3)    6.00
動輪上重量(t) 41.32 水タンク容量(m3) 17.0
炭水車運転整備重量(t) 48.00 燃料搭載量(t) 12.0
軸重最大(t) 13.96 缶中心線高(mm) 2,400
動輪直径(mm) 1750 全長(mm) 20,380
シリンダ、直径×行程(mm) 500×660 全高(mm) 3,945
缶圧力(kg/cm2) 16.00 機関車長(mm) 12,960
火格子面積(m2) 2.53 炭水車長(mm) 7,320

Copyright(c) 1996-2015 Noz All Rights Reserved