Kurogane No Michi
トップページ > 国鉄形蒸気機関車 < 前へ B20 C10 C11 C12 E10 8620 C50 C51 C53 C54 C55 C56 C57 C58 C59 C60 C61 C62 9600 D50 D51A D51B D52 D60 D61 D62 次へ >

D51形蒸気機関車

D51形蒸気機関車(30.1KB)
昭和45(1970)年6月 高崎第一機関区
D50形の近代化改良形として、昭和11年(1936年)から昭和19年(1944年)に汽車製造、日本車輌、川崎、日立、三菱と国鉄の各工場(苗穂、土崎、郡山、大宮、長野、浜松、鷹取、小倉)で国鉄最多の1115両が製造されました.日本全国で使用され、「デコイチ」は蒸気機関車の代名詞となりました.最初に製造された一次形は流線形の要素を取り入れ、煙突から給水温め器、砂箱、蒸気ドームを一体化したカバーで覆い、この形状から「なめくじ」と呼ばれました.2次形は給水温め器を煙突前に横に配置した標準形です.さらに3次形、4次形は戦争による資材不足のもとで製造され、工作を簡略化したり代用資材を使用して製造されましたが、戦後標準形へ戻されています.
この機関車も軍への供出で中国に送られたほか、同形機は台湾(DT650形)と戦時賠償用として戦後新造してサハリンで使用されました.C61形D61形への改造がありましたが昭和40年ごろでもまだ1000両が在籍し貨物用の主力機関車として活躍しました.最後は昭和50年(1975年)まで使用され、現在JR東日本とJR西日本(梅小路内でのみ運転)で各1両動態保存されているほか、180両が静態保存されています.

D51(標準)形諸元
軸配置 2-8-2 付熱全面積(m2) 221.50
機関車運転重量(t) 78.37 水タンク容量(m3) 20.0
動輪上重量(t) 59.56 燃料搭載量(t) 8.0
炭水車運転整備重量(t) 47.4 缶中心線高(mm) 2,500
軸重最大(t) 14.3 全長(mm) 19,730
動輪直径(mm) 1400 全高(mm) 3,980
シリンダ、直径×行程(mm) 550×660 機関車長(mm) 12,180
缶圧力(kg/cm2) 15.00 炭水車長(mm) 7,320
火格子面積(m2) 3.27                  

Copyright(c) 1996-2015 Noz All Rights Reserved