Kurogane No Michi
トップページ > 台湾鉄路局の蒸気機関車 < 前へ 1号 9号 BK10 CK50 CK100 CK120 CT150 CT250 CT270 DT560 DT580 DT650 LDK50 LDT100 次へ >

台湾一号機関車「騰雲号」

台湾一号機関車「騰雲号」
台北二二八公園の「騰雲号」 提供 洪致文氏
台湾の最初の鉄道は清朝政府によって作られ、そこで最初に使用されたのが、この1号機関車「騰雲号」および2号機関車「御風号」です.1887年(清朝の光緒13年、日本の明治20年)ドイツホーヘンツオレルン社で製造されました.この機関車は台北の二二八公園に保存されています.なお台湾の機関車でもっとも古いものはこの機関車ではなく、日本の新橋-横浜間で使用された9号機関車(1871年イギリス、エイボンサイド社製造)で、日本が台湾を領有した後の1885年に日本から台湾に送られて使用されました.この機関車も謄雲号とともに台北二二八公園に保存されています.

1号機関車諸元
軸配置 0-4-0 機関車運転重量(t) 16.41
付熱全面積(m2) 34.84 動輪上重量(t) 16.41
シリンダ、直径×行程(mm) 292×406 缶圧力(kg/cm2) 7.00
燃料搭載量(t) 0.6 水槽容量(m3) 1.58
火格子面積(m2) 0.52 全幅(mm) 2,184
全長(mm) 6,477 全高(mm) 3,461

Copyright(c) 1996-2015 Chih-Wen Hung,Noz All Rights Reserved