Kurogane No Michi
トップページ > 台湾鉄路局の蒸気機関車 < 前へ 1号 9号 BK10 CK50 CK100 CK120 CT150 CT250 CT270 DT560 DT580 DT650 LDK50 LDT100 次へ >

CK100形蒸気機関車

CK100形蒸気機関車
1977年11月 嘉義機関区
CK100形はCK50形の改良増備形として、1916年と1919年に日本の汽車会社で8両製造されました.当初の形式は400形、その後C44形を経て戦後CK100形になりました.新店線などの支線で、のちには入換で使われました.この写真の1977年にはすでに使用されておらず、機関庫の側線に留置されていましたが、使用停止してからあまり年を経ていないので状態はまずまずでした.1998年にCK101が動態復活し彰化機関区に保存されています.

CK100形諸元
軸配置 2-6-2 機関車運転重量(t) 48.99
付熱全面積(m2) 84.40 動輪上重量(t) 41.35
シリンダ、直径×行程(mm) 406×559 缶圧力(kg/cm2) 13.00
燃料搭載量(t) 1.7 水槽容量(m3) 6.82
火格子面積(m2) 1.21 動輪直径(mm) 1,245
全長(mm) 11,405 全高(mm) 3,658
全幅(mm) 2,616    

Copyright(c) 1996-2015 Noz All Rights Reserved