Kurogane No Michi
トップページ > 台湾鉄路局の蒸気機関車 < 前へ 1号 9号 BK10 CK50 CK100 CK120 CT150 CT250 CT270 DT560 DT580 DT650 LDK50 LDT100 次へ >

CK50形蒸気機関車

BK10形蒸気機関車(27.8KB)
BK24 1999年 国立成功大学(台南) 写真提供:山内貴里氏
縦貫線山線の勾配区間用として1905年から1912年に日本の汽車会社で14両が製造されました.最初に作られた2両は試作的な面もあり後の12両とでは若干諸元が異なります.この機関車は汽車会社が独自に設計したものですが、アメリカ的な雰囲気をまだ残しています.古典的な外観ですが、勾配用として大変優秀な成績を残し、戦後まで長く使用されました.現在はCK58が高雄の県立文化センターに保存されています.

CK50形諸元(1929年,()内はCK52~63)
軸配置 2-6-2 機関車運転重量(t) 48.77(49.27)
付熱全面積(m2) 95.41(95.3) 動輪上重量(t) 35.56(35.57)
シリンダ、直径×行程(mm) 406×559 缶圧力(kg/cm2) 11.00(11.30)
燃料搭載量(t) 1.09(1.10) 水槽容量(m3) 5.46(6.82)
火格子面積(m2) 1.39(1.40) 動輪直径(mm) 1,245
全長(mm) 11,024 全高(mm) 3,708
全幅(mm) 2,438 缶中心線高(mm) 1,981

Copyright(c) 1996-2015 T,Yamauchi,Noz All Rights Reserved